年収900万円を目指す転職活動

■年収900万円の世界

年収900万とは、経営者・企業のマネージャークラス・弁理士・大学教授・秘書・医師・ディーラー営業など限られた職種が挙げられます。一般企業でも管理職以上は900万を手にしている方が少なくありませんが、日本に数多く存在する企業を見渡しても、900万を手に出来る人というのはそう多くはありません。

■900万円台を目指すには

すでに高い年収を得ている方のなかには、労働の対価にさらなる収入を得たいという希望もあると思います。転職活動においても給与は非常に重視されていますが、転職活動の場合は新卒の採用と違って、応募先企業に希望年収を提示することができます。

希望年収とは自分自身の価値を年収として算出した額で、企業側も応募者を判断する際の材料にしています。希望年収は各自で設定することができるので、スキルや実務経験の密度が濃いものであれば年収900万を提示することも十分可能です。しかし、希望に900万と書いたからといって必ず900万になる訳ではなく、高額になればなるほど企業側もシビアに判断するようになります。

たとえば、年収700万の人が900万を提示した場合、なぜ200万も上げてきたのかと企業側は慎重になります。しかし850万の人が900万を提示した場合は、企業は「素直で実力をよく分かっている人だ」と判断しやすいのです。希望の額をそのまま提示することは悪くはありませんが、見栄を張っても意味はありません。

また、希望年収をアピールする前には必ず書類選考や面接で判断がなされます。ここで年収アップの明暗が分かれるといっても過言ではありませんので、職務経歴書の自己PRなど細かい部分にも嘘偽りなく、自分自身が積み上げてきたキャリアをしっかりとアピールするようにしましょう。

年収を900万に上げるということは、それだけ自分の価値を高める努力が必要ということです。誰もがいきなり900万をもらえるわけではなく、それぞれが下積みやキャリア形成をしっかりと行ってきた結果でもありますから、転職先でもそれなりの働きが求められることは言うまでもありません。

転職エージェントなどを通して900万の求人を提示してもらうこともできますが、やはりそこでも実際のキャリアや資格などが重視されます。応募先企業が求める人材に合っていなければ、900万の求人はなかなか紹介してもらえない可能性もあります。

今すぐ給与をアップさせたいからといってすぐに転職してしまうのではなく、まずはじっくりと企業を比較して、自分に足りないものを補ってから転職活動に臨まれることをおすすめします。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら