年収600万円を目指す転職活動

■年収600万円の世界

600万円の年収を稼ぐということは大変です。年齢や職種によって年収は大きく変動しますが、現在平均年収が600万円以上の職業といえば行政書士や税理士、通訳者などの専門職のほか、ITコンサルタントやプログラマーなどの開発職などが主なものとして挙げられます。

年代別に見ると、600万円を超える年収は40歳〜50歳あたりの管理職が多くなっています。40歳を過ぎるとどの企業も役職に就いていることが年収アップの一つの条件であり、役職がない方については600万円を割ることもあります。

■600万円台を目指すには

これから転職をして年収600万円以上をキープしようと考えている方は、ぜひ給与水準の高い企業をピックアップし、効果的に自分自身を売り込んでいきましょう。しかしながら、日本の企業にはベンチャー企業などと呼ばれる新しいタイプの企業も数多く存在しています。たくさんの企業の中から、自分の求める条件に合ったところを探すのは大変です。

転職活動を進めるにあたっては、「非公開求人」と呼ばれる求人情報などもチェックしておきたいところ。非公開求人とは文字通り、求人情報に掲載されていない求人のことです。スキルや経歴、年齢など一部の条件に合致した人にしか公開されない限定的な情報でもあり、逆に言えばそれらの条件に合致すれば、転職の専門家から優先的に求人情報が提供されます。

転職は、それまで通い慣れた職場を離れ、同期や上司との別れや仕事を手放さなければなりません。しかしそこから年収アップが見込めるのであれば、思い切って転職を決意するという選択肢もあるでしょう。

転職活動をしていると、正社員で600万円以上の求人を見つけることはとても大変です。営業職など活躍のフィールドが広い職種であれば600万円以上の求人も多く存在しますが、自分の希望する職種で600万円以上を探すとなると、意外にも条件の合わない求人が多いものです。

転職エージェントやコンサルタントは、そのような情報不足に対応し、非公開求人も含めてそれぞれの人に合った求人を提供してくれます。希望や条件にできるだけ合致し、場合によっては未経験でも可能な職もありますので、他業種へ転職する場合はぜひ紹介してもらいましょう。

コーディネーターはそれぞれの業界の動向なども鑑みながら提案するため、転職してから会社が傾くといったトラブルにも遭いにくくなります。安定性が求められるこの時代だからこそ、年収アップを実現するために転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら