年収1000万円を目指す転職活動

■年収1000万円の世界

誰もが憧れる「年収1000万」の世界。数百万円台の年収とは桁が一つ違うだけでも魅力的ですし、敷居の高い世界にも感じられます。

年収1000万を稼ぎ出す職種には、医者・弁護士・教授・起業家・税理士・医師・公認会計士・ITコンサルタント・大手の銀行員・大手企業の管理職や商社の管理職などハイレベルと呼ばれる職種が揃っています。この中で転職が容易な職種はやはり企業の管理職が一般的ではないでしょうか。

■1000万円台を目指すには

1000万を目指すには高い壁を乗り越えなければなりませんが、大手の企業勤めをされている方なら意外にチャンスは残されています。中堅企業やベンチャー企業でも、管理職以上の役職に就けば1000万を超す年収を得ることは夢ではありません。つまりもっとも大切なことは、1000万を超す報酬を支払える企業に勤めるということです。

高額な給与水準を維持する企業に転職を考える際は、転職サイトや転職エージェントを使うと安心です。企業にもそれぞれ難易度があり、求める人材も限られていますから、できるだけそこに自分自身を近づけていくことが大切です。求人誌やハローワークなどにとどまらず、転職に強いサイトのアドバイザーを直接介して、効率的に情報を収集する必要があります。

自分自身が現在勤める企業で昇進のチャンスがあれば問題はありませんが、そのチャンスが残されていない場合は1000万ラインに到達するのは難しいかもしれません。そこでまずは、高い給与が保証されている企業を選び出し、自らチャレンジしていくことが大切です。

大手企業や商社などは競争率も高いため、優秀な人材が多く集まります。そうした競争に打ち勝つためには、会社から見て欲しい人材と思ってもらえるアピールが大切です。営業力に自信がある、実績を出した、珍しい強みがある、または語学力や保有している資格を活かすこともできます。マネジメント力など、多くの企業に不足している能力を持っていても良いでしょう。自分のスキルを大いにアピールし、実際に現場で使えると思わせれば転職を成功に近づけることができます。

すでに実力や実績がある方でも、何もせずにいると能力は衰えてしまいます。ですので、普段から自分のスキルをアップさせる努力も怠らないようにしましょう。早いうちから企業情報を収集し、それぞれの求める人材に近づくよう自己啓発に努めていきましょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら