住友商事の転職時の平均年収

住友商事に代表される総合商社への転職には二つの面があります。ひとつは転職を気に年収アップが期待できること、もうひとつはその分転職を実現するハードルが非常に高いこと。転職時の平均年収も当然高い水準にあるわけですが、そうした待遇で転職できるチャンスが自分にあるのかどうかも検討していく必要があります。

住友商事の平均年収は平成26年のデータで1304万円。あらゆる業者を含めた中でも国内企業ではトップクラスの水準となるでしょう。この点はサラリーマンの平均年収が400万円程度、上場企業の平均でも約580万円といわれているだけにいかに高いかが窺えます。転職を実現することで一気に年収水準を大幅にアップさせるチャンスにも恵まれているわけです。

ただし、転職時の平均年収をチェックする際には本人の年齢やキャリアのほか、企業の平均年収や平均勤続年数を確認しておくことも大事です。住友商事の平均年齢は42.7歳、平均勤続年数は18.3歳。この数字を見ても長く働くことができる職場であると判断できるわけですが、その分長年この企業で働き続けてきた人材に比べて中途採用組の年収水準が少し落ちることが予想できます。この点はどれだけ評価されたうえで中途採用されたか、どのような経緯で中途採用されたかによって変わってきますが、次に挙げる年齢別の平均年収よりやや低めの水準が転職時に平均年収の基本的な目安となるでしょう。

年齢別の予想平均年収では30歳の時点で907万円というデータがあります。転職適齢期といえる30歳でこの水準、さすがに高いレベルといえます。それに対して40歳になると1123万円にまで達し、10年間キャリアを重ね続けることで200万円以上の昇給が期待できることになります。中途採用の場合は採用当初は長年勤務してきた従業員に比べると低くなる傾向が見られますが、5年、10年とキャリアを重ねていくことで十番に挽回する機会も得られます。

住友商事の転職時の平均年収では年齢別の平均に比べて100万円くらい低い水準を目安にしておくと良いかもしれません。ただし、近年総合商社では異業種からの中途採用を積極的に行う傾向を見せており、先に触れたようにどういった環境で採用されるかによって転職時の年収にかなりの違いが見られます。その点平均を出すのも、それを参考にするのも難しいわけですが、高い水準にあるのは間違いないこと、スタート時は全体平均よりも低い水準でも成果とキャリアで挽回する余地が十分にあることは頭に入れておいて損はないでしょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら