ソニーの転職時の平均年収

ソニー(sony)は日本の大手電機メーカーで、大手8社のうちの一つにも数えられるAV機器の最大手です。名前を聞けば誰もがパソコンや携帯電話、音響機器などを思い浮かべることでしょう。ブランド力、技術力ともに世界トップクラスであり、世界中にユーザーを持つ企業でもあります。

■ソニーの平均年収

ソニーの平均年収はおよそ630万円です。年代別にみると、40歳台の役職なしの社員でも900万円台と安定性が高く、上場企業の同業種230社の中でも第5位にランクインしており、業界内では平均よりも高いレベルにあります。以前までは年功序列的な傾向にありましたが、近年では改革を行って実力重視の姿勢に転換させつつあり、若くして管理職などの責任ある仕事を任される場合もあります。

電気機器メーカーの中ではトップレベルのブランド力で、年収もかなりのレベルが見込めることから、同業他社や他業種など分け隔てなくさまざまな業界から転職希望者が集まっています。給与だけを考えて転職される方も少なくありませんが、中間管理職とそれ以下の社員で給与の格差はあまり大きくなく、業績に応じた給与配分などもあるため、必ずしも高い給与が手にできるわけではないところがポイントです。

大手企業らしく、新卒社員の場合入社後3年の間に昇給ペースが早いところが特徴です。40歳以降に関しては昇格するか否かで給与が異なり、昇格後はバリューバンドと呼ばれるマネージャー職へ移りますが、ここから先は年功序列的な給与システムとなっていきます。賞与に関しては会社全体の業績によって変動し、最近では減少傾向にあると言われていますが、給与額の多さを考えると賞与だけの額では量れない部分もあります。

ソニーの強みは、やはり給与水準が他の企業に比べて高いというところにあります。正社員ではなく派遣社員でも、賞与がない代わりに時給が高く、他社と比べて相場が高いのでやりがいに繋がるということです。全体的な給与の高さを考えてみると、これから電機メーカーに転職を考えている方にとっては非常に魅力的ではないでしょうか。

ソニーは海外展開も積極的に行っている企業ですので、大手の電機メーカーと比べて福利厚生面についても充実しているのが特徴です。「フレックスホリデー」のように、自分で自由に休みが設定できる外資系のスタイルを定めており、それによって仕事とプライベートのバランスが取れやすくなっています。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら