サントリーの転職時の平均年収

サントリーは「やってみなはれ」をモットーに掲げている企業ということもあり、チャレンジ精神に溢れた人材の中途採用を積極的に行っています。経験者はもちろんですが、異業種からの転職のチャンスにも十分に恵まれている企業として多くの転職希望者から人気を得ています。

そんなサントリーの転職時の平均年収を知る際にはまず企業全体の平均年収を確認しておくことが大事です。全体の平均年収は平成26年現在で約986万円。さすがに国内を代表する酒類メーカーということもあり、極めて高い水準にあります。上場企業の平均年収が同じく平成26年のデータで約580万円ほど、サラリーマン全体では約400万円程度という数字を見てもその高さが窺えます。なお、平均年収の推移もここ数年増加傾向を見せており、安定した状況にあります。こうした点は経験者の積極的な採用はもちろん、転職時の平均年収とも深く関わってきます。

転職時の平均年収を知る上では平均年齢や勤続年数も重要なポイントとなります。勤続年数が短い企業ほど全体の平均年収と転職時の平均年収の差が少なくなる傾向が見られます。勤続年数が数年程度の従業員が多い企業ほど、中途採用との差がそれほどなくなるからです。その点サントリーの平均勤続年数は16.9年、平均年齢は42.3歳と平均よりやや長めの水準となっており、中途採用の水準は平均年収よりも低めになると考えられます。ただこれは決してマイナス材料ではなく、転職後に長く働き続けることで昇給のチャンスが得られることを意味しています。この点は次に述べる年齢別の平均年収とも深く関わってくるポイントです。

サントリーの30歳時点での推定平均年収は約658万円。平均年収に比べるとかなり低い点からも平均年齢と勤続年数の高さが窺えますが、これが40歳になると878万円と200万円以上高い数字となります。つまり順調にキャリアを重ねていくことで確実に収入アップとキャリアアップの両方が期待できる職場といえるわけです。

転職時の平均年収に関しては職種や年齢、キャリアによって異なるので単純にデータ化するのは危険ですが、平均よりも50〜100万円くらい低めとなるでしょうか。なお、20代〜30代前半くらいまでの転職では特定の職種への配属を前提としたものではなく、入職後に適性に合わせて配属先を決定するケースが多く、その後どのようなキャリアを積んでいくかで年収に違いが出てきます。ですから転職時の年収だけでは一概に判断できない面もあるため、就業環境や福利厚生、やりがいといった年収以外の点も評価したうえで求人内容を評価する必要もあります。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら