リクルートの転職時の平均年収

リクルートは就職、転職情報の提供を主体とした、日本最大手の情報サービス系企業です。非上場の大企業でもあり、現在は主に就活情報や転職情報、人材紹介業などに事業を展開しています。

■リクルートの平均年収

リクルートの平均年収はおよそ800万と考えられています。社風としては実力や成果を重視しており、20代で既に1000万の年収を稼ぎ、営業マネージャー職に就いているケースもみられます。マネージャー職以上となると1200万円前後がスタンダードなラインと考えられています。

実績を上げればそれだけ給与に反映されやすい反面、30代頃はすでに昇格するか否かで給与にも差が出始めます。競争率も高いため、それなりのポテンシャルが高い人材でなければ生き残れないという意見もあるほどです。しかし、きちんと目標や到達点を設定し、そこに向かって走れる人なら目標達成できちんと評価がなされ、社内表彰から賞与へと反映されていきます。

またリクルートは初任給の高さにも定評があります。新卒者の年収が一般的な給与相場よりも高額であるため、新卒者にとっても魅力的な企業です。もちろん中途採用者についても、実績やスキルに応じて仕事ができるため、こうなりたいというキャリアをしっかりと思い描いていれば採用の可能性は大いにあると言えます。

リクルートでは、人事制度はもちろんスキルをアップさせる機会も大いにあります。大手企業らしく、スキルやレベルの高い先輩の傍でノウハウを学べるので、他社と比べてもスキルアップのしやすい環境と言われています。

リクルートでは当事者意識と強い意志を持ち、考えて実行できる人材を求めています。さらに言えば学び続ける姿勢を持っており、協働できればさらに良いとされています。転職をすると誰もがそれぞれの新しい職場で仕事をスタートさせていきますが、リクルートの場合新卒者同様に「学び、考え、実行する」ことができる人材でなければなりません。そのため、面接では将来的にやりたい事や描いているビジョンを明確にする必要があります。会社任せではなく、自分で行動できる人材であればリクルートへの転職も夢ではありません。

入社後は誰もが職務スキルを引き上げ、それにともなって給与がアップする仕組みになっています。年功序列ではない厳しさがありますが、反面自分自身が大きく成長できる環境でもあるのです。総合的なスキルの向上を目指したい、あるいは初心を忘れず働きたいと考えている方には最適な環境と言えるでしょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら