NTTデータの転職時の平均年収

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)はデータ通信やシステム構築事業を展開するシステムインテグレータで情報サービス事業者としては業界最大手。NTTグループ主要5社の一つに数えられ、日本最大のインフラ企業です。

■NTTデータの平均年収

NTTデータの平均年収は780万前後で、30歳時点で平均年収は620万円と業界内でも高いレベルを維持しています。平均年齢35歳の社員のスキルは総合的に高く、技術系の職種には優秀な人材が揃っているという特徴があります。そのため、アドバイスなどが分かりやすく、安心感のある環境で働けるという強みがあります。人材が流動的と言われる情報サービス業界の中でも、勤続年数が約12年と高いところにあり、企業を図るうえで重要なポイントとなっています。

NTTデータの特徴は、大がかりなインフラシステムの設計や開発などが多いということです。そのため、転職する際は技術職の経験がある方が優遇され、実務経験で何をしてきたかが重視されると言えるでしょう。レベルの高い人が入社しているということもあり、スキルだけでなくシステムを実際に開発した経験があれば尚良いでしょう。

未経験の第二新卒者などが入社した後は、新人研修などに参加させて貰えますが、自立した後も1年に数日以上の研修を受ける必要があり、フォロー体制が整っていることが大企業ならではの強みと言えるでしょう。

技術職などで実務経験を積むと、管理能力や調整力のほか、システムの設計知識などが実践的に身についていき、SEなどIT系技術者としてのスキルが身につきます。大企業ということで案件にも大規模なものが多く、モチベーションが維持しやすいためやりがいや新鮮味が常に感じられます。

また女性への制度も整っています。産休や育児休暇の取得がしやすく、なおかつ復帰がしやすいという特徴のほか、年次有給休暇もきれいに消化OK。サービス残業も無く、残業代は全て支給されます。また福利厚生や住宅補助も受けることができます。

安心のできる環境にいながらにして、若手のうちから活躍できるところがNTTデータならではの強みとも言えるでしょう。最近ではノー残業デーなども推奨されているようで、忙しくない部署などは特にプライベート時間を大切にすることができるのだそうです。情報サービス系の企業はどこも激務と言われますが、決してそのようなことはありません。情報通信系の会社にお勤めの方は、次の転職先としてぜひとも検討しておきたい企業です。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら