三菱商事の転職時の平均年収

三菱グループの一員に数えられる三菱商事は、就職ランキングのトップに数えられる、日本の総合商社です。ランキングの上位に挙がる理由としては歴史の古さ、世界90か国にまたがる海外展開や年収の高さなどがあり、中途採用者や第二新卒者はもちろん、学生の間でも人気の商社として知られています。

三菱商事はトヨタ自動車に次ぎ国内2位の売上高を誇る企業です。主な事業にはエネルギー、金属、機械、化学品、情報などがあり、近年では資源開発への投資やコンビニエンスチェーンを通じてマーケットを開拓するなど、新たに収益を拡大してきています。

■三菱商事の平均年収

三菱商事の平均年収は1350万〜1400万円と高く、日本の5台商社を比較しても1位2位を争う水準です。そのため転職や就職を考える方からは非常に人気が高いのです。初任給は他社や他業種の企業と同程度ですが、年齢や業績を考慮され徐々に年収アップが見込める安定性の高い企業と言えます。

三菱商事では入社してからの数年間は自然と給与がプラスされ、即戦力として現場に出られる年齢を境目にして成果主義的な評価制度が取り入れられています。多くの企業にある、30歳を目途にした給与体系の変化を経た後は、各部署によってボーナスの額も異なり、それぞれ働きに応じた給与が与えられるということです。

人気の総合商社ということで福利厚生も良く、給与も含め「待遇に関しては特に不満はない」という意見が多く聞かれます。中途採用者についても、今までのキャリアやスキルを考慮したうえで給与が決まる人事制度がありますから、実力次第によっては若い方でも責任ある仕事を任せられることがあり、仕事のやりがいやスキルアップに繋がります。

日本国内の企業の中でも、商社は基本的に給与水準が高い位置づけにあります。同じサラリーマンでも平均年収が400万〜600万の間を推移しているのに対し、総合商社は1200万が基本的な水準ですから、2倍から3倍までの差がついてしまいます。つまり、転職をして給与アップを狙う方なら業界最大手の商社を視野に入れておいて損はありません。

三菱商事はただ給与が高いだけでなく、日系企業ということで、外資系のように才能や実力だけを評価するわけではなく、「社員を最大の資産」と考えているので、その人が実力をつけられるようにある程度時間を用意してくれる余裕もあります。じっくりと育てる風土に、高い給与水準を持つ企業はそう多くはないでしょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら