マイクロソフトの転職時の平均年収

IT関連の企業ではもっとも人気の転職先といってもよいマイクロソフト。年収水準はもろちん、企業のブランドイメージも人気の理由です。しかも離職率も3パーセント程度と非常に低く、採用さえ実現すれば長く働き続け、キャリアを重ねていくことができる職場といえます。そのため転職時の平均年収はたとえ低くてもその後キャリアの過程でいくらでも挽回の余地があるのでそれほど気にならないポイントかもしれませんが、前の職場との違い、あるいは家庭の経済状況などを考えると生活を維持するうえでもやはり気になります。

マイクロソフトの平均年収は700〜800万円といわれています。上場企業の平均年収が約580万円、サラリーマン全体の平均が400万円程度といわれていますから、いかにこの数字が高いレベルかが窺えます。この平均年収だけを見てもぜひ転職したいと思う方が多いはずです。問題なのは転職時の平均年収ですが、年齢によって異なるほか、職種によってもかなりの差が出てくるのがこの企業の大きな特徴です。

年齢によって平均年収が異なるのは当然ですが、マイクロソフトに中途採用される人材の多くは30代となっており、その年収水準が転職時の平均年収の基準となります。平均では600万円前後といわれており、マイクロソフトからの求人情報をチェックする際にはこの水準より高いかどうかがひとつの目安となるでしょう。なお、40代以降の場合はすでに豊富なキャリアや優れた実績を持つ人材が迎え入れられるケースが多く、中途採用のハードルが非常に高くなる一方、転職時の平均年収も高くなります。この点は職種とも深く関わってきますが、役職系などで中途採用されるケースが多くなるため企業全体の平均年収よりも転職時の平均年収の方が高くなる傾向が見られるのです。

職種ごとの転職時の平均年収の違いでは技術職とそれ以外の比較が重要なポイントとなるでしょう。技術職は転職時の収入が低く抑えられがちで500〜600万円程度。ここからアップできるかどうかはその後のキャリア次第となります。企画・マーケティング部門では少し高めで600万〜650万円程度。先述した役職の転職だと1000万円を超えることも少なくありません。

中途採用の倍率は100倍を超えるといわれており、まさに高嶺の花といった印象のマイクロソフト。その分転職時の平均年収も非常に高く、さらに昇給・昇進が期待できるとあって転職先として高い人気を維持し続けているのも当然かもしれません。

なお、派遣社員の平均でも300万〜400万円程度といわれており、そこから正社員への登用を目指すという転職のパターンも選択肢のひとつとなるでしょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら