LINEの転職時の平均年収

LINEの転職時の平均年収を知るためには求人情報をチェックするのが一番の近道ですが、そもそも求人数が非常に少なく情報収集の段階でてこずってしまいがちです。そのためにもまずLINEの平均年収や企業の規模・形態などを事前に確認しておく必要があります。

まず基礎知識として平成26年現在のLINEの平均年収は約534万円というデータを知っておきましょう。これは民間のサラリーマンの平均といわれる400万円よりはかなり高い水準である一方、上場企業の平均約580万円に比べるとやや低い数字。全体的な水準で見ればそれなりに恵まれている環境となるでしょう。転職時の平均年収もこれが目安となります。

もうひとつは平均年齢。これも年収と同じ平成26年現在でLINEで働く従業員の平均年齢は33歳というデータがあります。IT系は総じて平均年収が低い傾向がありますが、その中では比較的高いといえます。つまり32歳でこの会社に転職した際に534万円よりも高いか低いかが転職時の年収水準を図る上で重要なポイントとなってくるのです。

現実的な問題として転職時の平均年収は全体の平均年収よりも低いと判断するべきでしょう。中途採用の場合、LINEでずっと働き続けてキャリアを重ねてきた従業員に比べると同じ年齢では年収は低くなるのが一般的です。よほどの優れた実績がある、あるいはスカウトやヘッドハンティングなど企業の側から請われて転職した場合以外は全体平均よりは低い水準になると見たほうがよいでしょう。

もうひとつ、職種による違いも当然出てきます。LINEの場合IT関連の企業ですから、おもに技術職とそれ以外の職種に分かれます。またコンテンツ産業という面もあるため、企画関連の職種が多いのも特徴です。あくまで大雑把な数字ですが、従業員のうち技術職、企画職がそれぞれ4割、デザイナー職が1割、その他が1割の割合となっています。

この中では企画職が高く、ついでデザイナー職、技術職、その他の順番となるでしょう。全体の平均年収を超えるケースが多いのは企画職とデザイナー職、技術職とその他は平均よりも50〜150万円くらいは低い水準になると判断した方がよさそうです。

それでも他の企業に比べると転職時の平均年収と企業全体の平均年収との差はそれほどない傾向が見られます。もともと従業員も少なく、中途採用も限られてくることから採用されるのは即戦力として期待される人材ばかり。そのため転職時の段階からそれなりの待遇が用意されていることが多いのです。採用のハードルが高い一方、クリアできれば恵まれた年収環境で働きながらキャリアを積んで昇給・昇進していける企業といえるでしょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら