JR東日本の転職時の平均年収

JR東日本は日本の鉄道会社であり、子会社を複数抱えるJRグループの最大手企業です。広く知られている車掌や運転士としての勤務のほか、窓口業務やエンジニア、企画、事務、車両や機械、保線、建設や建築など多種多様なフィールドで多くの社員が活躍しています。

■JR東日本の平均年収

JR東日本の平均年収はおよそ670万円〜690万円で、30歳平均年収は540万程度と安定的です。同業種50社の中でも上位20位にランクインし、中程度の給与水準が確保されています。企業としての売上高も業界トップであり、陸運業界に転職をする際の候補にぜひとも入れておきたい企業です。

非正規社員でも270万台の年収をキープしており、福利厚生は陸運最大手ということで充実しています。給与だけでなく、それ以外の「働きやすさ」という点からも転職を希望する方が少なくないようです。

30代と40代、40代と50代を比較すると100万程度の差が出ることから、年功序列的な給与体系が敷かれているところも特徴的です。歴史ある企業だけあって、安定的な代わりに給与システムにも昔ながらの雰囲気が残っているようです。

JR東日本では入社後の社内研修で一般常識を、さらに現場の研修ではマンツーマンでの実地トレーニングに移るため、一人一人がスキルを獲得しやすいという特徴があります。また最近では女性の管理職が増えてきており、産休や育休も取りやすく、女性のワークライフバランスが保たれやすくなっています。また男女関係なく有給休暇が取りやすいといったメリットもあります。

社内は営業、技術、事務とさまざまな部門に分かれていますが、基本的に「お客様に接する仕事」ということで、転職をする際は以前の業務経験をどのようにお客様の満足度向上につなげられるかが重視されています。採用については「ポテンシャル採用」と「プロフェッショナル採用」の二種類があり、マネジメントを目指す場合はポテンシャル採用を、より専門的な仕事を目指す場合はプロフェッショナル採用を選ぶ必要があります。

企業が求めている人物像は、自ら成長し、自己実現を目指せる人です。いくつになっても真剣に、自分自身と向き合える人であれば、企業に長くとどまることも可能ということです。

鉄道会社ということで鉄道とその運行に関する知識を身につけることができ、鉄道に関心の高い方や旅行が好きな方などから転職先として注目を集めています。いわゆる「生活の足」に関わる職種ということで、働くにあたって大きなやりがいも感じられ、長く続けていくにも良い企業と言えるでしょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら