ベンチャー企業へ年収アップして転職するなら

■ベンチャー企業とは?

最近よく耳にする「ベンチャー企業」は、年数が浅い新進気鋭の会社というイメージが根強いかと思います。また、できたばかりの会社ということで社員の平均年齢が若かったり、オリジナリティを重視、技術やノウハウなども独自色の強いものであったりと、何もかもが新しい印象を受けます。

ベンチャー企業のメリットは、通常の企業にはない独自色があるので、そこに自分が納得できれば非常に楽しい環境で仕事ができるということです。社長など上層部にも直接意見ができたり、社内の風通しが良いベンチャー企業はとても多いですから、一人一人の満足度が高く、長く勤めたいと思える会社も少なくありません。大企業では自分の思ったとおりに行動しようとしても難しい場合が多いですから、職場環境という面から見れば、ベンチャー企業は大変魅力的なのではないでしょうか。

■ベンチャー企業の年収

新しい会社ということで、一人一人に求められる役割が大きいのもベンチャーの特徴です。それゆえ年収の高さには定評があり、企業の規模や事業にもよりますが、役職に就けば年収1000万以上は基本的です。新卒の給与も一般企業より高めであることが多く、若いうちからやりがいを持って仕事に臨めるメリットもあります。

■ベンチャー企業の求める人材

入社後すぐに活躍してほしいと思うのはどの企業でも同じですが、ベンチャー企業の場合は特にその考え方が大きいようです。新しい会社ということで、基盤が整っていない状態で業務をスタートさせることも多いため、逆境にも負けない強い精神を持っていたり、未開の場所に踏み込める度胸や実力があるかどうかを見られる場合もあります。転職でベンチャーを志望する方の場合、今までの経歴や実務経験、資格などで判断される場合もあります。

ベンチャー企業はいわゆる「カリスマ社長」が率いている企業も多く、良いところばかりのイメージがありますが、すべての会社が高い業績を誇っているわけではありません。給与は高いけれど待遇が良くない、あるいは事業が傾きかけているなど、各企業それぞれに問題点はあるものです。ベンチャーという形態になじみのない方が転職を考えている場合は、まず自分一人で求人を探すのではなく、専門の転職アドバイザーなどを通して話し合いをされることをおすすめします。

ベンチャー企業は、場合によっては激務やワンマン社長が台頭する「ブラック企業」である可能性もあります。転職したけれど結局また転職しなければならなくなった、というリスクを避けるためにも、質の高い情報収集が大切です。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら