旅行会社へ年収アップして転職するなら

■旅行会社とは?

旅行会社とは別名「旅行代理店」とも呼ばれ、旅行に関わる飛行機や電車などの交通、ホテルや旅館などの宿泊施設を仲介したり、自社で旅行商品を企画、催行して販売を行う会社のことです。多くの旅行会社は営業所と呼ばれる店舗を運営しており、窓口を訪れるお客様の接客や相談、予約受付やチケットの手渡しなども行っています。

■旅行会社の年収

旅行会社の平均年収は年齢にもよりますが、200万〜700万と幅ができており企業や部署、担当する役職によって差がついています。旅行会社の所長クラスでも年収が500万に届かない場合がありますし、大きな企業で企画などに関われば700万を稼ぐことも可能です。

すべての旅行会社が同様の水準ではなく、会社の規模や景気によっても水準は変動します。平均で500万円ほどとも言われており、転職先にも選ばれやすいのですが、業界全体で一律ではないことに注意が必要です。

旅行会社で勤務をする場合、推奨される資格に「旅行業務取扱管理者」の資格があります。この資格を取得していると、資格手当が毎月支給されたり、ツアーコンダクターなどの業務で実際に資格を活かして働くことも可能になります。旅行会社に転職する際、どんな職種に応募されるかにもよりますが、添乗員やツアーコンダクターにはこの資格の取得が必須になります。

旅行という行為そのものが消費者の金銭事情を反映するため、旅行業界は他業種に比べて不安定要素の少なくない業界です。また天災や人災、何らかのトラブルなどで交通機関がストップした場合も、旅行業に打撃となる可能性があり、企業の業績が上がるか下がるかは未知数といったところです。

それでも旅行は一つの楽しみであり、最近では富士山などが世界遺産に登録されるなど良いニュースが続いたおかげで国内旅行の需要も増加しているため、必ずしも業績が下がり続けるというわけではありません。

■旅行会社が求める人材

旅行会社が求める人材は、接客に抵抗がない人、前向きな人、細かい気配りが得意な人などが喜ばれると言われています。実際に旅行会社で勤務する社員の多くが接客経験や高いコミュニケーションスキルを持っている方とも言われています。もしも接客能力が少なくても、人と接する中で実際に対人スキルを上げていくこともできます。

ほとんどの旅行会社では事前に研修制度を設けているので、人と接するだけでなく基礎的なマナーやトラブルへの対処法なども身に付けることができます。旅にはトラブルがつきものと言われますから、もしもの事態にも恐れないで対処する強い姿勢も求められます。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら