不動産会社へ年収アップして転職するなら

年収アップを前提に不動産会社へ転職するならまず転職先の給料水準を確認しておきましょう。当たり前の話ではありますが、平均年収が高い不動産会社に転職すれば年収アップのチャンスが広がります。

また、不動産会社にはいくつかの種類がありそれぞれ業務内容が異なります。当然従業員に求められる役割や資質にも違いが出てくるため、自分を高く評価してもらえる職場に転職できればその分年収アップのチャンスにも恵まれますし、これまで勤務していた不動産会社よりも規模が多く平均年収が高い職場に採用される可能性も高くなります。さらに異業種からの転職を目指す場合には未経験でも採用されるチャンスが高い会社とそうでない会社の違いも出てきます。

ですから平均年収が高く、自分を高く評価してくれそうな不動産会社をピックアップしたうえで転職対策を行っていくのがベストな選択肢です。不動産会社は大きく分けると販売をメインに行うタイプ、新築マンションの建築事業を扱うデベロッパー、建築・施工を行うハウスメーカー、工務店、ゼネコン、さらにマンションの管理会社などがあります。このうちもっとも平均年収が高いのはゼネコン、ついでデベロッパーでしょう。これらは大規模な商業施設や新築マンションを中心としたショッピングモール、官公庁といった施設を扱う機会も多く大手企業が大半を占めています。年収アップを目指すならまずこれらの企業からの求人を探してみるとよいでしょう。ただし、当然のことながら採用までのハードルは高く、基本的にはすでに不動産業界での一定の実務経験を備えていることが大前提となります。

関連資格を取得したうえで転職を目指すのも年収アップを実現する近道です。不動産関連の資格といえば宅建が代表格として挙げられますが、他にも建築士、土地家屋調査士、マンション管理士、管理業務主任者などの資格もあります。取得にかかる時間や難易度、どの資格がどういった業務に役立つのかなどを考慮したうえで資格取得を目指してみるとよいでしょう。これまでと同じ職種への転職で年収アップを目指す場合にはこうした資格取得が重要な鍵を握ります。

営業から事務、総務へ、事務から企画・人事へなど職種を変えて転職を目指すのも年収アップのためのひとつの選択肢ですが、その際にも資格が大きな武器となります。実務経験と資格のバランスをうまく考慮したうえで給料水準が高く、将来的な昇給・昇進が期待できる不動産会社を探していきたいところです。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら