製薬会社へ年収アップして転職するなら

■製薬会社とは?

製薬会社とは、医薬品を開発し製造する企業のことです。サプリメントなど手軽に購入できる製品から、医療機関向けの薬の開発や製造などにも関わっており、生活に欠かせない医薬品分野を一手に引き受けている企業です。

現在の日本では高齢化が深刻化しており、医薬品についてもより高度で効き目のある薬が求められています。景気にも左右されづらい業界のため、他業種から製薬会社に転職を希望する方も少なくありません。

■製薬会社の年収

大手企業の30歳台で550〜750万円と、企業によって開きが出ています。30歳台で700万程度でも、役職などが入ると1000万に伸びるケースもあるため、必ずしも550〜750万レベルに収まっているわけではありません。

製薬会社に入社するとまず研修を受け、自社製品の特徴や医学知識などを学びます。転職をして中途で採用された方でも、研修をしっかり受けることで医学知識や薬品に関する知識が身につきます。

■製薬会社が求める人物像

製薬会社に求められる人物像は部署にもよりますが、営業職として転職する場合は営業としての実務経験やコミュニケーション能力が必要不可欠です。粘り強く、どんな人とでも取り組むことができれば、製薬会社で働くにふさわしい人物として採用に至る可能性も近づくと考えられます。

また、製薬会社では研修の時点でしっかりと教育を施しますが、研修が終わった後も自分で考えて行動を起こせることが大切です。多くは医療従事者と接する仕事のため、相手に気配りをするだけでなく医療業界の把握や、その場に応じた行動などが求められるのです。

製薬会社は理系専門の分野と思われがちですが、最近では文系出身者にも大きく開かれており、必ずしも理系出身である必要はありません。どのような環境からでも医学業界に関わることができますし、ひいては社会生活全体の発展に貢献することもできる重要な仕事です。また高齢化に伴い、医薬品の質の向上をさらに求める気風にあるため、製薬会社に勤務することは社会に間接的に貢献できる、やりがいあるお仕事でもあるのです。

すでに製薬会社に転職を考えている方は、他業種から転職する場合今までとまったく違う環境に置かれる可能性があります。新しい環境に戸惑ってしまわないように、事前に転職エージェントなどとよく相談のうえ、長く続けられるかどうかを中心に考えながら転職活動を進めていきましょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら