マスコミへ年収アップして転職するなら

■マスコミとは?

マスコミとは「マスコミュニケーション」の略で、不特定多数の人に対しテレビ番組や新聞などの媒体を通じて情報を提供する企業のことです。

マスコミは数ある業界、企業のなかでも非常に特殊な位置づけで、求人を見ても採用情報がほとんど出ないばかりか、下積みや弟子入りをしてから入社に至るなど、通常の企業からは考えられない道の開け方が考えられます。

■マスコミの平均年収

マスコミは給与の高い業界としてもよく知られています。職種によっては20歳でも年収1000万を稼ぎ出すことも珍しくはありませんし、役員クラスになれば数千万円以上は平均的という話もあるほどです。

いわゆる大手のマスコミは年収も桁違いのようですが、中規模〜小規模のマスコミ(地方局や中小規模の出版社)や下請け会社は一般の会社と同じような給与水準になります。つまり、「マスコミで働いている」といっても、一般のサラリーマンと大差ない方も大勢いらっしゃるということです。

■マスコミが求める人物像

マスコミ業界はインターネットの台頭によって低迷しつつあります。今や日本人の多くが必ず閲覧するのはインターネットであり、インターネットは同時に世界とも繋がれるため、テレビ番組の面白さというものを今一度見直す必要があるとも言われています。

そこで、マスコミに入社するには独自のオリジナリティを持っているか、面白い企画を打ち出せるか、あるいは好奇心が人一倍強く、体力がある人などが歓迎されると言われています。マスコミ業界は昔から勢いがあり、それを支える社員にも勢いがあることが条件なのです。

また、多種多様なメディアが選択されている現状、マスコミ業界にも効率化が求められています。クオリティを下げないまま、結果をすぐに出せるかどうかというスピード感が重視されており、その勢いについていける人であれば採用に至る可能性は高くなります。

今現在、マスコミ業界へ転職を考えている方は、まずマスコミ業界について深く勉強し、どの職種がどの部分で活躍しているのかをよく知る必要があります。マスコミ業界は「芸能界と直結しているところ」というイメージが根強いため、それ以外の職種などはあまりスポットライトが当たりません。応募を考える前に、まずはあらゆる情報を得ておいて、マスメディアの認知度を上げておくことをおすすめします。

具体的に自分の入りたい業界や企業が絞り込めたら、今度は本格的に転職を考えてみましょう。転職サービスや転職エージェントを通して、非公開の求人なども集めながら活動を進めていくと良いでしょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら