製造業へ年収アップして転職するなら

■製造業とは?

製造業とは日本の経済を長く牽引してきた業種です。原材料を加工し、製品を製造することを指しますが、対象になるものは食品、電化製品、医薬品や自動車など市場に販売されている製品のほか、コンクリート、プラスチック、ゴムなども製品のうちに入ります。

製造業には、何を製造しているか、どの程度の規模で製造しているかによってそれぞれ特徴が異なります。また実際に製造業で勤務する場合にも、食品なら食に関する知識や法律知識、医薬品を製造している企業では藥に関する薬事法などの知識が必要不可欠です。

■製造業の年収

製造業の年収はおよそ200万〜400万台が平均的と考えられています。ただし大規模な海洋プラントなどの製造を行う企業では、年収が600万を超えている企業もあります。企業によって年収にばらつきが出るのも、製造業らしい特徴と言えます。

■製造業が求める人物像

製造業界へ転職する際は、まずは業界経験者が優先的に採用される傾向にあります。営業や管理などの部署なら他業種からでも転職者を受け入れやすいのですが、それ以外は製造のいろはを知っており、すぐ現場に入れるような方が採用されやすいようです。

またそれ以外の部分として、マネジメント能力や語学力を有する人材は海外進出に駆り出される可能性もありますし、思わぬ強みとなって採用に至るチャンスがあります。いずれにしても製造は日本の「ものづくり」をけん引する存在ですから、意欲やチャレンジ精神に溢れた人材を求めていると考えられます。

製造系は成果主義とも言われますが、まったくの未経験から転職を目指す場合はどんなスキルを持っているかによって採用の難易度が大きく変化します。エンジニア経験があれば、そのスキルを活かして製品開発に直接関わることもできますが、技術職でない場合は競争相手がそれだけ多くなることも覚悟しておきたいところ。

前職でどのような経験をしたか、どのポジションにいたか、何らかの責任ある業務を任されていたか、考えうるすべての情報が自分の証明となります。何年プロジェクトに関わったかではなく、具体的にどれだけの成果を挙げたかが重視されやすい傾向にあります。

勢いで製造系への転職に成功しても、リストラの憂き目にあってしまったり、企業が破たんして再転職を余儀なくされる可能性もあります。そのようなトラブルに遭わないためにも、ぜひ質の良い情報を持つ「転職エージェント」を利用してみましょう。事前によく相談し、自分のやりたい事や適性なども踏まえて製造業の求人を探し、効率的に転職活動を行いましょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら