保険会社へ年収アップして転職するなら

■保険会社とは?

保険会社は、生命保険会社と損害保険会社の二種類に分かれている金融機関で、生命保険や損害保険、投資信託や住宅ローンなどの商品を顧客に販売しています。

保険会社の主な業務は保険に加入している顧客から集めたお金を被保険者に支払う業務です。また、顧客から集まった保険料を元手にして様々な資産運用を行うなどして、保険会社の利益を確保しています。日本国内には多くの保険会社が存在していますが、近年では外国の保険会社が日本に参入し、支店や支社を開設しているケースも増えてきています。

■保険会社の年収

保険会社の平均年収は30歳時点で約300万〜400万円であり、40歳では約540万円程度が相場となっています。40代といっても役職があるかないかで年収には開きがあり、各店舗の主任や課長などの役職に就いている場合は役職手当がついて500万〜800万円にまで幅が出ます。一般企業とは違い、保険会社で役職に就けるのは30代〜40代以上で、少なくとも10年程度は実務経験を積み、金融知識を身に付けなければなりません。

保険会社に転職を考えている方は、当然ながら保険商品や金融に関する知識を身に付ける必要があります。すでに金融機関にお勤めの方も、保険についての知識を学ぶ必要があるため、他業種からの転職を行う場合は事前に情報を集めておくと安心です。

また生命保険会社は残業が多い現場が多いため、年収だけで考えるのではなく長く続けられるかどうかを判断基準としても良いかと思います。

■保険会社が求める人材

保険会社が求める人物像は、保有している資格の量ではありません。第一に営業経験や接客経験、また事務経験などの個人個人が持つスキルが重要視されます。

保険会社の営業職はどこもノルマが存在するため、人によってはきついと感じられる場合があります。しかし営業スキルが備わっている方であれば、その限りではありません。なかには年収が1000万を超えるケースもあるようですが、高い水準の給与を維持するには高い営業力が必要不可欠とされます。

窓口、営業ともにお客様と話をすることが多いため、基礎的なコミュニケーション能力や対人スキルは必須と考えられています。また保険を扱っているため、法やコンプライアンスを守れるかどうかも重視されています。まずは人に誠実に、そして優しく接することができるかどうかが見られますので、接客や営業経験がある方は強みの一つになるでしょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら