総合商社へ年収アップして転職するなら

■商社とは?

商社とは、貿易と国内におけるモノの販売を中心とした、商業を営む企業のことです。そのうち、幅広い商品やサービスを扱うのが「総合商社」と呼ばれる企業です。

総合商社は日本では特有の形態とされており、日本国内では7つの大きな商社が筆頭格と言われています。具体的には三菱商事・三井物産・住友商事・伊藤忠商事・丸紅・双日・豊田通商の7つです。特に業界をけん引する三菱商事は歴史も古く、業界一位に輝く総合商社として知られています。

企業によって取り扱う商品が異なり、インフラからエネルギーまで多種多様なものを取り扱っています。たとえば三菱商事は資源開発に特化していますし、住友商事は自動車に、伊藤忠商事は情報通信にそれぞれ強みを持っています。

■総合商社の年収

総合商社の総合職は、驚くほど年収が良いという話があります。企業や部署にもよりますし、仕事内容にもよりますが、若手社員でも一般以上の給与を手にする場合があります。また総合商社の社員は海外に駐在することがあるため、さまざまな手取りがついて、手厚い待遇が受けられるのです。

総合商社の一般職の給与は、総合職に比べて低くはなりますが、それでも一般企業の事務職よりは高額と言われています。一般職の場合事務などのサポート業務が主となりますが、キャリアを積み重ねていけば重要な仕事を任されることもあります。プライベートの時間も大切にしたい方は、総合職ではなく一般職を希望しても良いかもしれません。

■総合商社が求める人材

総合商社に転職するには、新卒のようなやる気や勢いだけではなく、即戦力として働けるスキルが求められます。企業によって求める人材像は異なりますが、取引は国内にとどまらず海外でも行われるため、少なくともビジネスレベルの英語力が必要とされています。求人などではTOEICのスコアを提示しているところも多く、750点から800点は最低ラインと見て良いでしょう。

また、第二新卒や中途採用者にはリーダーシップや行動力、対人スキル、柔軟性などがバランス良く備わっていると理想的とされています。人と接するだけでなく、急な出張や転勤などにも合わせられる柔軟性、万が一の事態にも対応できるリーダーシップなどは商社マンに欠かせない要素です。

商社に勤め始めても、会社の求めるスキルに到達するため、日々勉強を欠かさない方はたくさんいらっしゃいます。常に向上心を持ち、自分の目標を明確にしておきましょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら