外資系企業へ年収アップして転職するなら

外資系企業へ年収アップしたうえで転職したいならいかに自分をアピールできる活動ができるかがポイントとなるでしょう。言い方を変えれば「高く自分を買ってもらう」ことが大事です。外資系企業は国内企業に比べて成果主義を重視しているといわれています。以前言われていたほど極端なイメージこそないものの、学歴や勤続年数よりも本人の実力と結果を重視する傾向は間違いなくみられます。こうした外資系ならではの特徴はドライでノルマが厳しい、結果を出さないとリストラにあうリスクがあるといったマイナスイメージで語られることも多いのですが、裏を返せば中途採用・転職でも実力いかんで年収アップを実現できるチャンスに恵まれていることになります。

こうした外資系ならではの事情からも自分がどれだけ「使える人材か」をアピールすることが大事なのです。ただ、必ずしも即戦力として使えるかどうかがポイントになるわけではありません。ドライな外資系とはいえ人材を育てる重要性は知っていますし、まして日本に進出している外資系企業はそれなりに日本の企業風土に適応している面もありますから、将来性をアピールする形で年収アップを目指すことも可能です。むしろキャリアばかりをアピールしていると「上がり目がない」と判断されてしまう恐れもあります。自分にどのような可能性があるのか、これからどういった面で自分を磨いてきたいのかをアピールできるようにしましょう。もちろん、漠然として希望・願望を並べ立てるのではなく、あくまで現時点の自分のスキル・キャリアを踏まえたうえでの将来性のアピールが必要です。将来のビジョンと現実的な視点をうまく組み合わせたアピール方法が求められるでしょう。

必ずしも即戦力が求められているわけではない点は異業種への転職の可能性ももたらします。経済のグローバル化、多角化の影響でビジネスの専門化が進んでいる一方、分野を越えて活躍できる人材が求められている傾向も見られます。営業職や経理なら業種を超えて転職のチャンスが得られますし、コンサルティング関連や経営・企画に関わるハイクラスの求人でも異業種からの人材を求める傾向が強まっています。この点は国内企業よりも外資系に広く見られているため、自分のキャリアとスキルをうまく役立てられることを前提に異業種への転職も考慮してみましょう。「使える人材」とはすでのその職種の経験を積んでいることだけでなく、新しい職場になじみ、早い段階で求められる役割を担うことができる人材のこと。柔軟性やコミュニケーション能力といった性格的な面もアピール材料としておきたいところです。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら