コンサル会社へ年収アップして転職するなら

年収アップを目的にコンサル会社へ転職するなら自分がどのようなコンサルティング業務に対応できるのか、そしてそのコンサルティング会社の給料水準がどの程度なのかをよく確認しておく必要があります。

コンサルティング業務には豊富な知識はもちろん、専門性や先見性、柔軟性といったさまざまな資質が求められます。そのため転職の際にはこうした資質が問われることになりますから、自分がどういった点をアピールできるのかをあらかじめ明確にしておきましょう。ファイナンシャルプランナーや中小企業診断士といった関連する資格を持っている場合にはその資格を最大限に評価してもらえるコンサルティング会社への転職を目指すのが鉄則です。

業務の専門性が高いこともあり、多くのコンサル会社は特定の分野に絞った形で業務を行っています。金融関連がもっとも多いですが、経営面を扱う会社、人事面を扱う会社、ライフプランを扱う会社など。当然それぞれ業務内容が異なりますし、スタッフに求められる知識や資質も違いが出てきます。取得している資格はもちろんですが、自分の適性と合ったところを選んでいきましょう。この点は採用時に重要なポイントとなるだけに留まらず、その後の昇進、昇給とも深く関わってきます。顧客が法人か個人か、投資や経営といった大きなお金が動く案件かそうでないかによっても本人に求められる適性が異なってきます。性格面における自己分析も行ったうえで判断していきたいところです。

それからコンサルティング会社の給料水準。規模が大きく幅広い業務を手がけている会社もあれば特定の分野のみを扱っている会社もあり、基本的には大手の会社の方が給料水準も高くなります。ただし大手の場合は採用されてもしばらくの間はアシスタントのような業務を担当するケースが多く、必ずしも自分がやりたいと思っている部門に配属されるとは限らないので注意が必要です。中小規模のコンサル会社なら早い段階で現場に出て実践的なキャリアを身につけていく機会に恵まれる面もあります。この点も将来的な年収アップのチャンスと関わってくるので頭に入れておきましょう。

もうひとつ、会社の将来性も大事なポイントです。ここ10年ほどの間に需要が急増したコンサル会社ですが、その分淘汰も厳しい状況になっています。できるだけ長く働ける職場を探すためには経営状況にも配慮する必要があるわけです。また再び転職の機会が訪れることを想定し、次の職場で年収アップが得られるようなキャリアを積んでいけるかどうかもチェックしておくとよいかもしれません。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら