介護業界へ年収アップして転職するなら

介護業界へ年収アップして転職するのは簡単なことではありません。現在の介護保険制度の状況ではどの介護施設も厳しい経営状況を強いられており、働く従業員の収入水準が十分ではないという問題を抱えているからです。離職率が高いといわれているのも厳しい就業環境に対して収入が割に合わないのが大きな理由とされており、転職を機に年収アップ、というパターンがなりたちづらい状況となっているのです。

こうした事情から介護業界への年収アップの転職には困難を覚悟しなければならないのですが、まずひとつ注意しておく必要があります。それは年収が高いところが必ずしもよい職場とはいえない、ということです。その理由は人手不足と深く関わってきます。先述した収入と就業環境を巡る問題と離職率の多さから介護業界ではどこも慢性的な人手不足を抱えています。そのためそれを解消するために平均の相場よりもやや高めな給料で募集をかけるケースも見られます。求人情報に記載された年収を見ただけで「ここなら年収アップを実現できる」と判断して応募してしまうといざ採用された後になって後悔することにもなりかねません。人手不足の職場なので残業や夜勤、休日出勤など就業環境の面で非常に厳しく、収入に対して心身の負担が割に合わない、という介護業界の問題を背負ってしまうことも多いからです。とくに地方の求人では注意したいところです。

この点を踏まえたうえで年収アップを目指す場合には経営状況が安定した施設からの求人を探していくのがまず第一です。高齢化の進行と介護サービスの需要の増加にあわせて介護保険制度が適用されない民間の介護施設が増えてきました。介護サービス付き有料老人ホームなどがその代表格ですが、こうした施設から介護関連の職員の需要が増えているのです。中には環境の充実をセールスポイントに掲げた高級志向の施設もあり、そこで働くスタッフの環境も比較的恵まれています。その分採用のハードルが少々高くなりますが、無事採用されれば年収アップのチャンスも高くなります。

あるいは介護関連の資格を新たに取得するのもひとつの手でしょう。介護福祉士にとってはケアマネージャーが大きな目標となります。以前に比べるとケアマネージャーの収入状況も厳しくなっているものの、この業界で年収アップを目指すならこれに勝る資格はありません。そのほかにも事務関連の業務が出来るケアクラーク、訪問介護の分野で需要が高まっている介護予防運動指導員、在宅介護を行う施設で役立つ福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーターなどの資格もオススメです。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら