銀行へ年収アップして転職するなら

銀行へ年収アップして転職したい場合には就職先の年収レベルと働きたい職種の両方をよく見極めたうえで転職先を探していくことが大事です。

銀行の場合、就職・転職先によって業務内容が大きく異なるといったことは基本的になく、比較的転職しやすい業種といえます。それだけに自分の能力をどう評価してもらえるかよりもどれだけの給料水準の企業に転職できるかが重要な鍵となるのです。極端に言ってしまえば平均年収が高い銀行へ転職を目指すことが年収アップの最大のポイントとなるわけです。地方銀行よりもメガバンクなど銀行の規模が給料水準に直接反映されることも多いので各銀行の平均年収を調べておくとよいでしょう。

もちろん、給料水準が高い銀行へ転職を実現するためにはそれなりの自己アピールが必要です。銀行の転職は実務経験と学歴が大きくものをいう部分が強いため、あらかじめ希望している転職先の採用動向を確認しておくことも大事なポイントです。

もうひとつは年収が高い職種への転職を目指すパターン。銀行といってもさまざまな職種があり、それぞれ給料水準が異なります。もっとも身近なのは店舗の接客業ですが、他にも投資関連の担当者、個人・法人双方の営業担当者、さらにリスク管理やIT部門、事務や経理、国際間の投資・ビジネスを扱う部門など。年収アップを目指す際にはこれまで経験を積んできた職種よりも年収水準が高い職種へ転職を目指すという方法もあるわけです。メガバンクへの転職が難しい場合には地方銀行の中から給料水準が高い職種への転職を目指すのもひとつの選択肢です。

このパターンに関してはどういった採用条件が求められるのかをよく確認しておく必要があります。職種によっては資格が必須になるケースもあるからです。投資関連やコンサルティング関連、IT関連などにとくにその傾向が見られます。銀行員としてのキャリアがあってもその分野に関してまったくの素人の場合には転職がほとんど不可能というケースも多いので注意しましょう。

もうひとつ、将来性に関しても目を向けておきたいところです。採用当時の年収だけでなく5年後、10年後にどうなっているのか。メガバンクに転職して昇進が途中で足踏み状態になるよりも地方銀行で堅実にキャリア形成に努めた方が将来的には年収が高くなる可能性もあります。このように銀行へ年収アップして転職を目指す際にはこの業界特有のさまざまな注意点があるだけに転職を決断する前に必ず踏まえておきたいところです。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら