アパレルへ年収アップして転職するなら

アパレル業界は華やかなイメージがある一方、現場で働くスタッフの就業環境は恵まれているとは必ずしもいえない面もあります。平均年収も300万〜350万円、平均的なサラリーマンと比べてやや低い水準にあります。転職が多い職業ということもあり、年収アップして転職を目指す場合には長く働けること、安定した昇給が期待できることも視野に入れて転職先を探していく必要があります。

ある意味アパレル業界で年収アップして転職するのは比較的簡単ともいえます。もともとの年収水準があまり高くないため今の職場よりも高い求人を探すのがそれほど難しくないからです。ただ、どの業種でも同じ職場で長く働き続ければ続けるほど年収がアップしていきます。この点はアパレルでも同様、採用時の給料が高い職場を転々とするよりも待遇面も含めて納得のできる職場で長くキャリアを積んでいった方が結果的には年収アップ実現の可能性が高くなります。

この点はもともとこの業界の離職率が高いだけでなく、淘汰が激しい点も考慮に入れておく必要があります。せっかくよい給料・待遇で採用されても店舗そのものがなくなってしまう、場合によってはブランドそのものが破綻してしまうことで職場を失ってしまうケースも多いのです。そうした事態に見舞われないためにも転職先の経営状況も見ておきたいところです。

また、アパレル業界の場合、世間の知名度の高さとスタッフの就業環境が一致するとは限らない面もあります。誰もが知る有名ブランドの従業員が苛酷な勤務環境での業務を余儀なくされている、といった話もよく聞きます。いくら平均年収が高くても残業や休日出勤、ノルマなど環境面が厳しい職場は長く続けられませんから、ブランドイメージだけに騙されないようにしたいものです。

年収アップなら別の職種を目指すという方法もあります。販売業から経営や事務職、営業職に回るというのも選択肢になるでしょうし、将来的にはデザインや製造方面に行きたいと希望している方もいるはずです。そうした場合には転職を機により自分にとってやりがいを感じられる職種を目指すのもよいでしょう。デザインの場合は当初はアシスタントとしての採用となるのが一般的なので一時的には収入が減るケースが多いですが、その後キャリアを積み重ねていけば販売業よりも高い年収で働くことができるはずです。

このように、アパレルの年収アップを目指す転職では採用時だけでなく将来的な給料水準や就業環境も考慮したうえで情報をチェックしていくことが大事になってきます。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら