転職時の年収に関する悩み

転職時、もっとも悩みとなることはやはり「年収」ではないでしょうか。今の勤め先の年収が上がらない、年々給与が下がっていくなどといった、思うようにならない状況下で転職を決意する方は少なくありません。

「年収が低いから転職する」。これは、決して悪いことではありません。しかし、年収アップだけを念頭に置いて転職することは逆にそれ以外の部分を捨てるリスクも背負ってしまいます。職場環境、業務内容、通勤の利便性など、年収以外の状況が整っているならば簡単に転職を決意すべきではないかもしれません。

転職を考える方の中には、年収と手取りを間違えている方も多くいらっしゃいます。実は年収は給与に残業代や手当、保険料などを加えた総額のことで、手取りは保険料などを差し引かれた残額のことです。おおまかな金額だけでも良いですから、転職時には自分の手取りと年収をそれぞれ把握しておきましょう。

また、「年収が低い」という悩みは人によって違いがあります。業界内で他社と比べて低い、あるいは一般的な企業から見て低い、あるいは自分だけが業績が伸びずに低いとする場合もります。経験やスキルに合わせて適切に年収を稼ぎ出せていれば、年収が低いとは言えません。しかし逆に、サービス残業を強いられていたり、手当が出ない、賞与が削られているなどの問題があれば、転職を考えるには十分な理由となります。

一般的に、どの業界にも大手と呼ばれる企業があり、高額な給与が支払われていることは事実です。なかでもマスコミや医療関係、不動産や商社などは特に給与水準が高いと言われています。給与は仕事へのモチベーションを維持する重要な要素です。思い切って他業種に転職を考える道もありますから、同業という枠にとらわれずにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

また、転職時の悩みに多いものとして「給与交渉」があります。面接の中で年収についてやり取りをするのですが、一方的に給与交渉を始めてしまうと印象が悪くなるため、あくまで控えめに行うことが大切です。大手にチャレンジする場合は給与交渉などは必要ないかもしれませんが、どうしても話し合いが必要なのであれば転職エージェントを通じて交渉してもらう方法も有効です。

月収や年収は働くことの意味そのものであり、生きがいにも繋がる重要な要素です。しかし、念願叶って給与の高い企業に転職を果たしても、数年後に職場を離れるのであれば意味はありません。給与だけ考えるのではなく、「長く勤められるかどうか?」という部分もよく考慮しておきたいものです。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら