スキルがあると年収アップに有利?

転職に必要なスキルや資格といえば、何を思い浮かべるでしょうか?資格だからといって何でも持っていれば良いというわけではなく、それぞれの職種や部署でも必要な資格は異なります。

資格を持っていれば、自分自身の強みになり、スキルの一つにも数えられます。特に年収アップに良い資格としては、営業職では英語などの語学力やビジネス実務法務検定、事務職ではパソコン操作系の資格、不動産では宅建などの資格を取得することが有利と言われています。

ただしこれらはあくまで一例。不動産業だからといって宅建を必ず取得しなければいけないというわけでもありません。求人の募集要項に、保有していると良い資格や必要な資格などは明記されていますので、それらの表記がある場合は事前に資格を取得しておく必要がありますが、不問とされている場合はその職場で活かせそうな資格を取っておくと良いでしょう。

履歴書に資格を大量に並べて書いても、すべての資格が一つの職場で活かせるかというとそうではありません。車を使わない職種に応募して、普通免許を明記しても意味はないのと同じようなものです。転職のスペシャリストであるキャリアアドバイザーの話でも、資格の量でその人のすべてが決まるわけではないということでした。

つまり、実務で高いパフォーマンスに繋がるような資格がもっとも有効であるということです。法律を扱う職種なら法律に関する資格を、金融系の職場なら金融についての資格を取得するということです。そこにプラスして、英語など海外とのやり取りを円滑にするスキルが加われば鬼に金棒です。

一方で、企業によっては資格手当という特別な手当がつく場合があります。旅行業やIT系などは資格を保有しているかどうかによって一ヶ月の給与が大きく変動するところもありますから、業種によっては資格が優遇されるということも頭に入れておきましょう。一ヶ月の給与が微々たるものでも、年収にするとそれなりの額が支給されると考えられますから、少しでも得をする資格なら取得しておいて損はありません。

志望する企業に履歴書を提出する際も、保有している資格をすべて明記する必要はありません。漢字検定や英語検定など学生時代に取得した資格を書く方も多いのですが、業務に直接関係しなければ書いても意味はないのです。企業にとって「なくてはならない人材だ」と思ってもらえるためにも、業務で使える資格に絞り込んだうえで履歴書を作成するようにしましょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら