転職で年収が下がるケース

給与が低すぎて悩んでいる方のなかには、転職を本格的に考えている方もいるのではないでしょうか。手早く給与をアップさせられる方法の一つに転職がありますが、転職といっても職場環境の変化、業務内容の変化、あるいは給与ダウンのリスクなども考えられ、必ずしも転職が最良の方法というわけではありません。

給料が下がるケースとしては、「実力主義の会社に転職してしまう場合」です。いくらそれまでに実績を上げていたとしても、次の職場はもっと実力を重視する環境であればあまり意味はありません。「前までよく頑張っていたんだから、うちでも頑張ってくれ」と期待をされて終わるだけにとどまってしまいます。そこでモチベーションが下がり、思うように実績が出ず、給与が相対的に下がってしまう可能性があるのです。

また、給与が下がるケースとしては「昇格のチャンスを逃す」なども考えられます。転職をしたはいいけれど、その会社は昇格に壁があり、年齢の問題や空きがない、コネがないなどの問題で昇格できず、結果として給与アップが見込めない場合などが考えられます。せっかく転職を果たしたのに、上を目指せないのは勿体ない話です。

ただし、近年に入って転職市場は活気を取り戻し、35歳限界説など年齢による制限も薄れつつあると言われています。むしろ35歳以上でも転職を考える方が増えてきており、人材はより流動的に変化しています。各企業においても、常にいろいろな人が入っては抜けてを繰り返しているため、うまく求人を探し当てられれば、キャリアアップと給与アップを同時に見込める企業に転職できる可能性があります。

特に顕著な業界としてはITや情報サービス系などですが、接客や小売など人と接する機会の多い職種や、それ以外には営業職なども人材の流動化が進んでいます。今後は、古い体制を貫いてきた企業も続々と人材の入れ替えを始めることでしょう。その波に上手く乗り、転職を果たすことが、給与ダウンを避ける方法と言えそうです。

また、転職活動を進めるなかで気を付けたいことが、一方的な自己アピールを避けるということです。営業活動と同じく、自分を売り込むことはとても大切ですが、相手企業の求める人材に合っていなければ、いくら採用されたとしても期待をかけて貰えない可能性があります。まずは会社が欲しい人材を読み取り、自分がそこにどれほど合わせられるかをアピールします。転職エージェントにヒントを得たり、場合によっては企業ごとの動向を教えて貰うなどして、志望する企業のニーズを把握するところから始めましょう。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら