英語力があると年収アップに有利?

これからの時代、転職にもっとも必要とされるスキルは何でしょうか?マネジメントや営業スキルなどはすぐに思い浮かびそうなものですが、意外に需要が高まっているのが「英語力」です。

富士山の世界遺産登録やオリンピック招致などに成功し、ますます観光客を集める気配のある昨今の日本。企業についても例外ではなく、海外とのやり取りがさらに活発化しています。すでに転職サイトでは「英語力を活かした求人」などが取りあげられることも多く、具体的なスコアを募集要件に掲げる企業も増えています。

英語力を図る資格として代表的なものには、TOEIC、 TOEFL、実用英語検定などがあります。なかでもTOEICについては基本的な資格であり、スキルアップもしやすいことから英語学習にもおすすめの資格です。

企業に勤めていると、どこかで海外とのやり取りをする機会があるかもしれません。特に営業などは海外に出る機会も多いため、最低限英語だけは使えるようになっておきたいところ。貿易系や外資系の企業などは、入社後も随時英語力の向上を求められる場合があります。

外資系や海外勤務などをすでに視野に入れている方は、英語力だけでなくスキルや経験なども加えておきたいところ。未経験の職種でもスキルがあればチャレンジの機会は与えて貰えますから、スキルアップは常に心掛けておきましょう。

まだ転職を考えている段階で、すでに一定以上の英語力が身についているなら、あとはそれをどうアピールするかが課題になります。英語ができる人は意外に多く、20代の若い人も合わせるとかなりの競争相手がいるため、彼らから抜きんでるためには英語スキルをどのように企業に活かせるかがカギとなります。

また、総合職ではなく一般職でも英語が必要とされる場合があります。電話応対、来客応対、あるいは海外とのメールのやり取りにも英語が使われる場合がありますし、出張する社員のためにホテルや航空券を手配する時にも英語が必要になるケースが出てきます。自分は一般職だから関係ない、というわけにはいきません。転職をする場合は、どんな職種であっても将来的に英語を使う可能性があることを視野に入れておきましょう。

閉鎖的で古い体質の日本企業も、時代の流れとともにグローバル化しつつあります。それにともなって、採用トレンドも英語などの語学力に重きをおいた傾向にあるため、さらなるグローバル化に備えて英語を学んでおくことは決して損ではありません。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら