転職で年収が倍になる可能性はある?

転職で年収を上げたい!というのは、すべての転職希望者の本音ではないでしょうか。転職時に年収をアップさせるコツは、まず自分自身の価値を知り、目指す年収を具体的に思い浮かべることです。今が500万なら、次は600万というように数値化してみましょう。もちろんそう簡単に転職で年収が上がるわけではありませんが、具体的な数値を思い浮かべることで実現に近づくためのプロセスも見えてくるものです。

一つのポイントとして、現在の会社よりも給与水準が高い会社をピックアップしてみましょう。同じ業界でも、大手から中小、ベンチャー、外資などさまざまな企業があります。その中で、今勤めている会社より水準の高いところを目指すのです。転職サイトや転職アドバイザー、職業安定所、口コミなど、あらゆる情報を集めておくことも会社を選ぶうえで重要です。

大手企業のように実力重視の環境では、きちんと整った評価制度やインセンティブなどが用意されています。結果を出したのに報われないという状況は避けやすく、給料にも反映されやすい特徴があります。しかし反面、大企業にはポストをめぐる競争が激しかったり、なかなか出世できないなどのデメリットもあります。

そのような意味では、将来的なキャリアを考えてあえてベンチャー企業を選ぶ道もあります。ベンチャーでは結果を出せば給与に反映がされやすく、会社に貢献できるスキルが一つでも二つでもあれば、直接能力が反映されやすい企業を選ぶと良いでしょう。

また、給与が高くない場合でも残業代がきちんと出たり、補助金や資格手当が充実している会社もあります。また、社員だけに利用できる住宅手当や家族手当などの福利厚生が充実した会社も魅力的です。給与ばかりでなく、総合的に見て長く勤められるかどうかを考えることも良い方法ではないでしょうか。

転職希望者は新卒者とは違うので、自分の希望する年収を提示することができます。ただし、希望年収はあくまで控えめに抑えておくことが大切。よほどの実績を上げていたり、誰にもない強みがある場合を除いては、高く見積りすぎることはかえって採用のチャンスを逃すリスクもあります。

転職で年収を倍にしたいという目標があったとしても、まずは自分自身がどれだけ会社に貢献できるかアピールすることが大切です。会社における自分の行動力やモチベーションの高さを示せば、会社側もそれをくみ取ってあなたに期待してくれますから、年収アップも夢ではないかもしれません。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら