転職時の年収交渉はエージェントに任せよう

転職時の給与交渉については、多くの人の悩みどころではないでしょうか。しかし転職エージェントを利用することで、さらに効率的に交渉が進み、採用の可能性も大いにアップするのです。

■エージェントを通しての交渉

自分で年収交渉をするとなると、タイミングやその時の状況を見計らって話を切りださなくてはなりません。しかし古い体質の企業の場合、交渉にすら応じて貰えず、結果不採用となるケースも考えられます。

しかし転職サイトを使って応募をすると、専属のエージェントがついて、年収や給与に関する交渉はエージェントにお任せすることができます。希望の額と実際の給与がかけ離れていた時などは、直接エージェントに相談をして、給与交渉ができないかどうか話をしてみましょう。

応募者のタイプ、スキル、希望年収などはその時々に応じて変動するため、転職者には分からない裏事情となります。そうした当事者にはわからない部分も、転職エージェントを通して確認してみると良いでしょう。転職エージェントは面接終了後に人事部とやりとりを行い、第三者的な視点で直接的な返答をもらうことができます。そこで初めて、採用と給与アップの可能性があるかどうかを知ることができるのです。

また、給与交渉については企業の規模やタイプによってもおもむきが変わります。外資系は交渉がしやすいですし、大幅な給与アップの可能性も非常に高いのですが、日系企業は年収モデルが存在するため、交渉をするにしても限度があります。そのため、年収モデルから逸脱してしまうと途端に採用が見送られる可能性があります。

それでも外資系ではなく国内の企業に絞るなら、大企業よりもベンチャー系企業を検討しても良いでしょう。ベンチャー企業は一人あたりの売上高が大きいため、少数精鋭で一人一人の役割が大きなものになります。このベンチャー企業に自分のスキルや能力をアピールできれば、給与交渉も非常にスムーズに進むでしょう。もちろん、転職エージェントを通して交渉してもらうとさらに安心です。

転職エージェントは多くの給与交渉を担当してきた、転職のプロです。どのタイミングで給与の話をするか、また給与アップが見込めそうな企業の見分け方などはエージェントの力を借りると確実です。ただし、高い給与を条件として出すだけではなく、それに見合ったキャリアや実力が備わっているかどうかも重要。普段からスキルにも磨きをかけて、エージェントが自信をもって企業の人事担当者と年収交渉ができるように準備しておくことも大切です。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら