30代で年収アップして転職するなら

30代の転職で年収アップを目指すなら採用時の年収はもちろん、将来的な昇給・昇進も視野に入れて転職先を探していくことが大事です。30代はビジネスマンのキャリアにとってもっとも重要な時期、この時期にどんな職場でキャリアを積んでいくかによってその後のキャリアが決定付けられるといっても過言ではありません。5年後、10年後も見据えた上での転職活動が求められるのです。たとえばIT業界は平均年収が非常に高い一方、勤続年数が数年程度と極めて短い傾向が見られます。いくら採用時の年収が高い職場でも長く続けられない職場は30代の転職先に適しませんから、企業の従業員の平均年齢や平均勤続年数なども考慮して探していく必要があるのです。

こうした基本的なポイントを踏まえたうえで年収アップの転職を目指すには自分の将来性をいかに高くアピールすることができるか、そして実際にどれだけ自分を磨いていける職場を選ぶかが鍵となります。30代の転職は前半と後半で事情がかなり異なってくる面もありますが、これまでのキャリアと将来性のバランスが評価が大きな意味を持ってきます。20代の転職ではとにかく年齢の若さと意欲から将来性を判断することになりますが、30代の場合はこれまで積み重ねてきたキャリアやスキルを踏まえたうえで今後どれだけ伸びるのか、現実的な視点で将来性が判断されます。単に意欲をアピールするだけでは高い評価を得ることができないわけです。逆に過去のキャリアと将来性を高く評価してもらうことができれば年収アップ、以前の職場よりも好待遇で採用されるチャンスにも十分に恵まれます。この点がうまくいくかどうかは将来のキャリアアップとも深く関わってくるだけに非常に重要です。採用時に「使える人材」と判断された場合には年収面だけでなく、配属の面でも将来性が期待できる形で採用されるチャンスに恵まれるからです。

そのためにも過去のキャリアをうまくアピールしつつ、自己投資・自己研鑽への意欲を強調することが大事です。また新たなスキル・知識を身につけることで前の職場では発揮する機会がなかった能力や活躍の場を得たいといった意欲を具体的にアピールしましょう。そのためにも応募先の企業の業務内容をよく把握したうえで適切にアピールできる準備をしておきましょう。

30代なら同業種でも規模や年収水準が高い企業へ転職するチャンスにも恵まれます。年収アップを希望するならそうした企業に応募し、より高いレベルでどう自分を磨いていき、ビジネスマンとして成長していきたいのか、将来のビジョンを具体的に思い描いた形で面接時にできるだけうまく説明できるようにしたいものです。

転職して年収アップを目指すならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 公式サイトはこちら
詳細・登録はこちら